Theatrum

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

甘戯◆01

川には死体が転がっていた。先の合戦による死者だろう。武者の格好でないものもいた。逃げる途中か、村を襲われたのか…。その中に息のある娘がいて、それを持ち帰った。

娘を拾った者といえば忍雅衆の組頭であった。

 

娘にはもともと親がなく、村でひっそり暮らしていたという。元の村に戻る理由もないので、ここで暮らしたいと申し出ていた。娘が保護された逢魔ヶ島では孤児が多く世話をされていた。


数年間、娘は勉学と共に処世術や戦闘技術・暗殺技術を叩き込まれた。というのも、平和なのは島の中だけで、ひとたび島を出れば敵しかいない。

 

島を守る為に忍雅衆が駆り出されては数を減らしていたが、島を乗っ取られることはなかった。島の住民は怒りを抱いていても復讐戦はせず、毅然としていた。島の代表が復讐を良しとしなかったのだ。その代わり自分達の島を守る為に絶対的な武力と索敵能力を見せつけ、強化していったのだ。


◆◇◆


啐啄

 

身寄りの無い小さな子が店の前で倒れていたので育てることになった。


容姿端麗で賢い娘であるが、この乱世を生き抜くには優しすぎる。どうしたらこの子に自己防衛の意識をつけられるだろうか。


そう思っていたところに知り合いのおてんば娘が奉公にやって来た。こちらも容姿端麗な上、忍雅衆の才能を見込まれている。しかし武芸に疎く、仕込む為にという目的だった。


私はこれ好機と考えたのだった。



朝起きたら屋敷をピカピカに磨き上げ、

朝食ができるまで素読に算盤、習字。

朝食後は三味線、琴の稽古。

休息におやつをとったら舞の稽古。

夕食前に剣道か柔道を習い、

汗を流して夕食にありつく。

月に2.3度は夜の稽古もある。

夜の稽古があった次の日は、昼まで休めた。

基本的に女性らしさを学びにきているのだが、戦闘技術も疎かにできず、忙しい毎日を過ごしていた。これだけなら問題なく過ごせたはずだが、どうもここの肝煎りの旦那は癖があってかなわん。

 

 

答えを、問うなっ!

そう言って肝煎りの旦那は私の頬を何度か打った。なんの答えを問うたかと言えば、何故私を叩くのかと問うたのだ。

何人もいる子の内、私にだけ当たりが強いのだ。はじめは精神を試されているのかなと思ったがどうも性根の曲がった事ばかりしてくる。


至極真っ当な疑問であり、その答えを知る権利が私にはある。

あ、あの…旦那様、

近くで怯えているのは肝煎りの旦那が拾った娘である。この時間に稽古部屋にいるのは私だけ。肝煎りの旦那と娘は夕食の準備が整った事を伝えにきてくれたはずだった。


藤は下がっていなさい。

でも…

下がりなさい。

ッ!…こんのあんぽんたん!!私のなにが気に食わないってんだ!1ヶ月も意味不明に叩きつけやがって!理由があるなら直接言ってみやがれ!


…。


んだよ、何にも言えねーのか?


愚かな。


調子に…乗んなよ!


しまいには肝煎りの旦那に殴りかかっていた。


やめて!!


藤は私と肝煎りの旦那の間に割って入り、悲しそうな目で制止している。


やめて。甘戯。


フジ…。お前は何にも思わないのかよ。旦那が理由も無しに叩くわけが無い。でもその理由を言うつもりもない。だよな?行き場のない憤りは本人に直接向けるっ!お前はすっこんでろ!


いけません!あなたは何を学ぶ為にこちらにきたのですか!?一度冷静に考えてください!


考えただろ!?お前にも相談した!それでも分からないから聞いてみたら、さらに強く叩かれたぞ!なんなんだ!師匠なら師匠らしく説いてみろってんだよ!


答えをすぐに伝えてもあなたのためにはならないわ。旦那様に意図があると思ってるならその意図を考え続けたらいいじゃない!


1ヶ月しただろうが!お前も知ってるだろ!!


考え続けるのよ!


やり返しちゃいけないってのか!?


そうよ!


無理だ!どけっ!!


きゃっ!…んー、もお!分からずやぁ!!!


な!?やめろ!髪を掴むなっ!!


あなたがやめないからよ!


だって私わるくないだろ!


おしとやかじゃないもの!


今のお前もだろ!


肝煎りを忘れ、藤と取っ組み合いの喧嘩になっていた。肝煎りはその様子を少し眺めてから去っていった。


あの…玄如様。


はい?


止めなくて良いのですか?


…はい(ニコリ


傍にいた女将と肝煎りの会話は耳に入らなかった。



ある日、肝煎りの旦那がいつもの様に理不尽を行おうとして来たのでガードしてやった。今までは不意をつかれて避けれなかったが、来るとわかれば避けられる。実は意味があると思って受け続けていたが、堪忍袋の尾が切れたので避けることにしたのだ。

戦いに心得のない肝煎りの残念そうな背中に心の中で罵倒を浴びせた。


しかし、穏やかな日は数日しか保たれなかった。肝煎りは私が考え付かない様なやり方でまたも理不尽を行い始めたのだ。

やり口がどうも忍びのそれらしい。どこかのお節介な忍にアドバイスでももらっているのだろう。


その後も肝煎りの嫌がらせは続いた。

理不尽に食ってかかる私の目の前には必ず藤が現れ盾となり庇った。

自分より弱い者との関わり方に不慣れな私はそんな藤にも悩まされた。


いつしか藤は口喧嘩を覚え、私も手加減をしながらやり合うことを覚えた。掴み合いの取っ組み合いを繰り返し、ついには高度な喧嘩をするようになっていた。

 

 

おはようございます。肝煎りぃー!


元気に挨拶をしながら肝煎りの背後をとる。


こらぁー!


振り上げた手は届く手前で藤にはたかれてしまった。


フジっ!邪魔するな!


旦那様に乱暴するのはやめなさい!


肝煎りが仕掛けてくるからだろぉ!?


あなたが未熟だからでしょっ!


だからって理不尽にする必要はないはずだっ!


理不尽ではないわ!意図があるはずよ!


じゃあ聞くが、お前はその意図を理解してんの?


ぐっ!


お前だって分からないじゃないかー!


グワーンッ!


突然大きな音が鳴ったかと思えば頭に鈍い痛みが走り、目の前がグワングワンとまわっている。肝煎りが大鍋か何かで叩いたらしいと思い至る頃には意識を手放していた。


甘戯ぃ!?甘戯大丈夫?たいへーん!!! 

 

おや。やり過ぎましたね。



藤。


あ、女将さん。


遅くに何を作ってるんだい?


あ…、甘戯の…。


あぁ、あの子昼から何も食べていないものねぇ。


はい…。


様子を見にいくところだから、あたしが持ってってあげるよ。


え?


都合が悪いのかい?


あ…いえ。お願いします。



スッ…。


グッグッグッ


ん、はぁ、はぁっ


女将さん。


藤が甘戯に夜食を作っていたから預かってきたよ。


あ、ん…、藤が?


今でこそお前に似てきたが、元はおしとやかな優しい娘だからねぇ。


はぁ!んぁっ、んん、


調子は?


だいぶ慣れてきたようです。


そう。


あ!んっ、…はぁ〜疲れた。


まだ終わってねーよ。


だって!藤のご飯が!


終わってからにしろ。


えー!


お前ね…。これも修行の一環だろうが。余裕が無けりゃ取れる情報も取れねーんだぞ?


んん、でもあったかいうちに食べたいもん。


じゃあ早く俺を満足させてみろ。


分かった!


ったく。色気の無ぇこと…。



フジ…?


ん、なぁに?


おはよ。


おはよう。


あの、さ。昨日、夜食食べたよ。


あらそう。体調はもういいの?


うん…美味しかった。ありがとう。


どういたしまして。これに懲りたら旦那様にちょっかい出さないことね。


私が出されてる方なのに。


…ねぇ、なんでだと思う?


へ?


旦那様は本当に素晴らしい方だってみんなに尊敬されてる。私だって尊敬してる。…だけど、あなたにだけは…酷いことして…。


へ?


え?


え、フジ気付いてなかったのか?


…何を?


えぇ……、



たぁっ!


ほーれ。


うりゃっ!!


わーぉ。


んもー!!真面目にやり返しなさいよ!


いや、だってホラ。私が本気出したらお前筋肉痛になっちゃうだろ?女の子は筋肉痛になんてならないのよとか言ってたじゃないか。


…でも、あなたと喧嘩するようになってから家事がスイスイ出来るようになったんだもの。


そりゃー筋肉がついて動きも素早くなったからだろー。


…それに、この間お使いに出た時…

 

 

『おい。その荷物置いていきな!


さ、山賊です!


逃げましょう。


皆様は先に!私が後ろを守ります。


そんな!藤も一緒に!


おらおらー!!荷物置いてけってー!!


ドカーン!バゴーン!


ふ、藤?


わ、私ったら…


す、すごいです!甘戯さんとの修行の成果ですね!!


いえ、あれは修行ではなく…


藤さん。助かりました。ありがとうございます。』

 

 

なんてことが…。


あっはははは!!!凄いな!大人しかったフジはどこに行ったんだ?


あなたのせいでしょ!!


肝煎りのせいだろ?


違うってばー!!

 

 

 

 

1年間、お世話になりました。


はい。よくやりきりましたね。誇りにし、更なる精進を続けてください。また何かあれば訪ねてきてくださいね。


ふふ、その時は引っ叩かないでくださいね。


…甘戯。


スッ 甘戯の前で膝をつき、甘戯の右手を両手で包む玄如


え!?


あなたには本当に感謝しています。数々の仕打ち、申し訳あり


玄如様。


(甘戯も膝をついて玄如の目線に合わせ、手を両手で包む。


良き友を紹介してくださり、ありがとうございます。フジは様々な女性らしさを私に教えてくれました。そのお返しに、護身術くらい教えさせてください。


…なんと。バレていましたか。


ふふ。見習いでも一応忍ですから。


今度は、(立ち上がりながら


お仕事も依頼させていただきますね。


はい。その時はフジも誘って共に強くなりましょう。


勝手なことばかり言って!


フジ。


今度戻ってくる時は美味しいお菓子持ってこないと上げてあげないんだから! 


おいおい、泣くなよ。


泣いてなーーーい!!


ははは!


もーー!!

 

◆◇◆


神と鬼の子
 

家にいたら魔導士に襲われた。理由がわからないし太刀打ちできないしで泣きながら逃げていたらすごく強い人達に助けてもらえた。


戦乱の世で弱いままではすぐに死んでしまう。それもいいかなと思ったけどそうもいかないから強くなりたい。


そう思っていたところに忍雅衆の組頭という人が一緒においでと声をかけてくれた。年の近い子が島にもいるから話し相手くらいにはなれるだろうって。


僕はこれを機に強くなるんだって、漠然と思った。


◆◇◆


この子はトオハ。訳あってうちで預かることになった。こちらは甘戯。見習いだが忍だ。


よろしくお願いします。


よろしくお願いします。


甘戯には半年間トオハを護衛してもらう。


護衛ですか?


そうだ。トオハは半神半鬼だそうだ。


半分神で、半分鬼?可能なんですか?種族の違う者達の間に子どもは出来ないのでは?


基本的にはそうだ。しかしトオハだけは違うというだけのことだ。


そうですか…それで、何から守れば良いのですか?


それは調査中。ここへ来る時にも魔導士が襲ってきた。


魔導士が!?大丈夫かな…


お前は魔導士と戦ったことがなかったか?


うーん、先輩方が戦っている所をみたことがあるだけです。


なら、今回の事で学んでおけ。もしトオハが死ぬような事があれば、お前もただじゃ済まないと思え。


はい!


トオハの荷物や生活品は甘戯の部屋に運んである。


分かりました。トオハ、よろしく!


はい…よろしくお願いします。



トオハはどこの生まれなの?


…えっと…荒川。

(母は買い物、父は出稼ぎに行っている時に僕は襲われたんだ…)


へー!私は組頭に江戸川で拾ってもらったんだぁ。お腹すきまくってたからあんまり覚えてないんだけどね!


そうなんだ…。

(この子は両親を知らないんだ。餓死寸前だったってことかな…僕より大変だったんだ…なのに僕はまだ元気になれない…贅沢かな…)


そんで、組頭や小頭とか、他の皆さんに育ててもらったの。みんな親代わり!


へぇ…


トオハの親は?


…ぅ、ん。

(これ言ったらもっと質問されるな…逃げる僕を助ける為に来てくれた人達がみんな傷つけられて…死んだ人もいるかも…僕のせいで…)


トオハ?


親は…


トオハ、大丈夫?


え?


顔色がすぐれないよ。


あ、そう…かな。


うん、疲れてるのにたくさん話してごめんね。ご飯食べて部屋でゆっくり休もう。明日は屋敷内を案内してあげるね!


うん、ありがとう。



それは君のせいじゃないよ。君は戦う為に修行をした事ある?


ないよ…。


そうでしょ?その方法を知らなかったからって、君が悪いことにはならないよ。もし、修行してたら…


修行してればこんなことには…


そうじゃないよ!修行してれば君がとれる方法の幅が広がったってだけさ!どっちにしろ死んでたかもしれないし助かったかもしれない。


…方法の幅?


ただ見てるだけが嫌だと思ったなら、次も同じことしない為に今から頑張ろうよ!私も付き合うよ!


…修行するって事?


そう。まずは体力をつけないと、裏山へ散歩に行こう!



散歩なのにすごく疲れる…はぁはぁ


そーゆー山だからね。


甘戯は息切らしてないね…はぁはぁ


いつもここで遊んでるから。トオハも慣れれば大丈夫だよ。


慣れるかなぁ…はぁはぁ


あれ?


はぁはぁ…なに?


誰かいる…


え!?


静かに。


シュッ(草むらに石を投げる、野ウサギが姿を現し逃げていく


なんだウサギかぁ、びっくりしたぁ…


…(ウサギより大きな気配だったんだけどな


ザワ…


!?トオハ下がれ!


カッ!


手裏剣!?


わたしの近くから離れるなよ。


う、うん。


誰だっ!出て来いよ!


サワサワ…(草木の音


いないの?甘戯、いなくなった?


…、


ダッ!キンッ!サッ…

シュッ!キンッ!

(草陰から飛び出してきた者が甘戯へ斬りかかるが、クナイで受け止める。もう一本のクナイで腹を狙ったが避けられた。再び近づいてきてクナイとクナイで斬り合う。


トオハッ離れるなよ!?


う、うわぁ…動けない…


トオハっ!?


腰が抜けたか…覚悟っ!


トオハっ!!(トオハに覆いかぶさり庇う甘戯


あ、甘戯?甘戯?

 

(呼び声に答えないぐったりした甘戯


甘戯!?お前、何したんだよ!


急所をついた。お前はどうする?かかってくるか?


う、ぁ…くっそ、甘戯ぃ…


ザワ…


ん?お前目が…


う、うーん、


甘戯!?


守りながら戦うのって難しいんだな。イテテ


え?


あれ?…トオハ、目が赤いよ!?何か入った?


俺も気になった。しかし特に何もしていなかったぞ。泣いている様子もなかったし…


何かの毒かもしれない!救護室へ行こう!


え?え?へ?



特に異常はありませんね。念のため綺麗な水で目を洗っておきましょう。


先生ありがとうございます。


勘違いかな?


それより!どーゆー事だか説明してくださいよ!


あー!あのね、いつ攻撃されても落ち着いて対処するって訓練なんだよ。山に入った時はよく襲われるよ。


……とても…びっくりしました!!


ごめんごめん!!あんまり普通な事だから伝え忘れちゃって!本当にごめんね!


すまなかった。甘戯は常にちょっかいの対象だから、次からも許してほしい。


む〜慣れるしかないって事ですね、

 


手合わせしよう!なにしてもなに使ってもいいよ!


手合わせ?


そう!行くよっ!!


わわっ!なになに?いたっ!?


ほらぁ!やり返さないと怪我するよ!


いったぁーい!やめてよぉ!


でもホラ。この間みたいに私が気絶したら終わりだよ?


それは…確かに。


ね!ホラここ!殴ってみて。グーだよ!


う、うん…あだっ!?なんで先に殴るの!?


遅いんだもーん。


心の準備がいるでしょお!?


そんなのしてる間に死んじゃうじゃん!


んーもー!!!僕には僕のペースがあるのっ!


そんなの待ってくれないよーん!


いだっ!いたいっ!!もー!怒った!てやーーー!!!


はは!



ドカーン!!


なに?甘戯がやったの?


違うよ?…まずい!トオハこっちに来い!


え?


早くっ!


キーンッ!(飛び道具をクナイでかわす甘戯


まぁーたお仲間さん?


違う!魔導士だ!はやくここから離れるよ!


え!?わわっ!!


遅いよ。


ちっ、


(戦う甘戯と魔導士。トオハも少し頑張る


ドンッ!!


ガハッ!?(岩に叩きつけられる甘戯


甘戯!!!くそ、わぁ!!?(頭部を鷲掴みされるトオハ


やっと捕まえた❤️早く持ち帰って研究したぁーい❤️


研究!?


半神半鬼だもん。気になるでしょ?俺だけじゃないはずだよ?ま、ホラ。これからの事はあとでいいから、おねんねしててよ。(手に力を込めて苦痛を与える


ぐ、ぐぁぁああ!!


トオ、ハ…


あら、起きたの?あれ?(トオハを掴んでいた腕が切り落ちる


なんで!?俺の手が!?おまえか!?


ぐぅうううう…(両眼から血を流しながら唸るトオハ


目から血が出てんぞ!それってもしかして、神か鬼の力か!?そそるわー!!!どうやったの教えてー!!


ぐぁーーー!!


(戦うトオハと魔導士。魔導士圧倒的大差で負ける


やば…。あれ止まるのかな…。トオハ?


ぐぅう…、ぅあああーーー!!!


だめだ。どうやったら理性取り戻すのさっ!!


(色々試すが成らず。怪我がきつい甘戯


くっそ、なんかヒントないのか?神と鬼か…トオハのピンチに…瀕死の…ぐはっ!ぁ…が…


(甘戯を床に叩きつけ、首を締めるトオハ


トオハのマナが乱れてる…これを調整して…ぐ、ぅう…ぁ…(自分のマナを注いで甘戯が調整を試みる


ぐ…ぅ…?……ん?わっ!ごめん!(慌てて手を離すトオハ


はぁ、出来た…


え?なにが…(いきなり倒れるトオハ


やば、私も…(気絶する甘戯



鬼と神のバランスが合ってさえいれば暴走はしないはずだ。その検証からやってみる必要があるな。その為にはまた暴走を誘わなければいけないけど、なにがきっかけでああなるのか?敵視される事?窮地に追い込まれる事?何にせよ私自身、あれを止められなければ共だお…ゴンッ(げんこつをくらう甘戯


いだっ!?


寝言がうるさい。


組頭…。運んでくださったんですか…


部下がな。


お恥ずかしいところをお見せしました。


見飽きてるよ。


うぅ。


何があったかは寝言で分かった。で?トオハ君はどうしたいの?


トオハ!?あ、トオハ〜!無事かぁ!?


うん、ごめんね…ありがとう甘戯。…ごめんね


私こそ!トオハ強いなぁ〜次は負けないぞ!


え?


なんだまだやるんだ。じゃあおじさんはお暇するよ。


え?え?


組頭!ありがとうございます!



だーかーらー!それを調節できないならお部屋に引きこもってなさいって言ってんの!周りに迷惑なんだからっ!


迷惑なんてかけないよ!だって調節する訓練だって頑張ってるんだからっ!


へー!?でも出来た試しがないじゃないのさ!


何が悪いかはその都度学んでるんだからいーんだよー!

 

 

喧嘩?珍しいね。


組頭。あれも暴走を誘発する為の罵り合いらしいですよ。


えぇ、低レベルな罵り合いだなw


甘戯、トオハ。文を届けて欲しい。帰りにお客様用のまんじゅうも買って来るように。


わかりました!



町に行くの久しぶりだね。


そうだな〜。ここ最近ずっと訓練、怪我、訓練、怪我だったもんね!


はは…ごめん。


あはは!なんで謝るのさ!私だいぶ強くなったと思うんだけど!


それは思うよ!僕も結構筋肉ついたよ!


思った思った!


ブォー


ん?なに?


戦だ。…魔導士では無さそうだけど、念の為迂回して行こう。


分かった。


あの…もし、


はい?


◯町へ行かれますか?


あ、いえ。私達は△町へ行きます。


そうですか…。ぁいや、戦が始まったようなので心細かったもので。失礼しました。


あ、はい。


(離れるおばあさん


大丈夫かな。


◯町ってあっちの方か?


うーん。あ!おばあさん戦場に向かって歩いてない!?


はぁ!?


まずいって!


あ、おい!トオハ!!


おばーさーん!


ばかっ!でかい声出すなよ!


ひゅーっひゅん!(色々飛び交う戦場


かがめっ!


おばーさんどこだ?


おい。


え?


なんだ貴様ら。部外者か?


やばっ!


女子どもでも敵の回し者かもしれん!やれっ!!


おー!


まっずい!!


(片方の敵は2人が逃げるには簡単だった。しかしもう片方に魔導士が数名おり、半神半鬼だと気付かれて捕獲されそうになる。


トオハ!


甘戯!?


トオハ集中しろ!訓練を思い出せ!マナをコントロールしろ!自分でやるんだ!お前がやれ!トオハっ!


黙れ!


ガハッ(腹部に強打


甘戯!!甘戯をいじめて、近くの町の人に迷惑かけて、お前達…許さないからな!!うぁあああああ!!!



甘戯、甘戯?


んぁ?


もー寝過ぎ。


へ?そんな寝てた?風呂入ったの?


昼食終わって一汗かいてきた。


やばっ!そんなに!?


まぁそれほど疲れてたんでしょーけど、甘戯が寝てるとつまんないよ。早く顔洗って目覚ましてきて!


うはぁい!!


甘戯、トオハ。


石竹さん?


◯町に文を届け、帰りにお客様用のまんじゅう買って来いって。


はいっ!


はーい!



甘戯!今日は僕が先だからね!


えー!ジャンケンでしょ?


この間は甘戯だったじゃん!


もし、そこの方…


ガシッ


え?あの、


おばあさん。ここいらで無闇に戦場へ誘い出す人がいるって噂なんですが。あなた、知ってますかぁ?


(声を掛けてきた人の手首を掴むトオハ。その両眼は紅と黄に染まっていた。