甘能美にあふれた世界

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

ミューリウム成長記01


母親から受け継いだ魔導書を盗まれた際、回収のいざこざでバラバラになったページを集めるために各地を探し回っている。
今回は東の果てファンタリースの街へ、ページ探しと大魔導図書館目当てで訪れていた。

んー、なんか最近進展ないなぁ。つーか魔導書じゃなくて医学書読んだ方がいいのか?

女神・魔族・混血についても調べている。既に慣れてはいるが、魔力の均衡が崩れる度に暴走しなきゃいけないのは煩わし過ぎて面倒臭い。
5冊あるうちの4冊を読み終え、最後の一冊へ手を伸ばす。

「空間操作」かぁ。これも外れぽい。ん〜…

期待せず読み進めていくと、ある項目に異空間を創り出す方法が書かれていた。魔法陣を書き、魔力を込めれば完成するが、空間を維持するには強い魔力を必要とするらしい。

自分の好きなように創り出せるんなら、家とか作れるんじゃないか?魔法陣をオリジナルにして、私だけの空間に…強い精霊の魔力は…。

ミューリウムは数冊の魔導書と、空間操作の本を(値切って)購入し、街外れに出てからテオを喚んだ。

あん?
ちょっと魔法陣を試したいの。
何しようってんだ?
魔導書にあったんだけど、異空間を好きに創り出せるの。魔法陣と大量の魔力が必要で…
魔力を注ぎ続けるやつか?
いや必要なのは最初と繋ぐ時だけみたい。
んならお前の魔力だけでもいけんじゃねーの?
うん、でもどのくらい使うか分からないから一応一緒にやって欲しいの。
おー。

魔導書にある魔法陣を少し改変してオリジナルにし、ミューリウムだけが知る魔法陣を創り出す。発動には持ち主の血と魔力を使う。

これを用意した布に描きます。この布は発動後自動的に燃えます。
なんで地面に書かねーんだ?
プライベートだから隠したいの。
ふーん。
そして呪文「マネサル」!

魔法陣は光り出し、青白マーブルへと変わる。2人はマーブルへと入っていった。
そこはリビングとなっており、テーブルと椅子、カウンターがあった。
質素な部屋だな。飾り気が全くない。
試しだから最低限しかつくってないの。本チャンは魔婆城のドアに繋げるつもり!
あぁ、あの狭い部屋な。
でしょー!テオの部屋も作ってあげるよ。
俺は森に家あるから。
別荘、別荘。
いらねー!お前がいる別荘て不穏過ぎる。
失礼な。
部屋はここだけか?
奥に寝室とお風呂。あと小さいベランダ。
ベランダ必要か?
気分転換に必要!
ベランダから見える森…
ん?
なんかは俺が住んでる森に似てるな…
そうなの?
あぁ、なんでだ?
さぁ…
で。出られるのか?
出てみようか。また魔法陣を書いて…「マネサル」!
おお、もう夜か。
戻れた!私天才!!
魔婆の家のキャパに魔力が収まるのか分かんねーけどな。上手くいかないんじゃねーか?
なにそれー!やってみなきゃ分からないじゃん。
冗談だよ。俺がついてるのに失敗するわけねーし?
んー、
あ?
私達2人して自信過剰だなとおもって。

…テオは気づいてないけど、実はちょっとズルをしています。大量の魔力は、ほとんどテオから引き出すよう作りました。だから森に見覚えあるんだきっと。私の魔力は侵入者を防ぐ為のボーダーとしてしか使ってないので少ない消費で済みます。魔法陣を発動する時だけ、いつでも・どこにいてもテオから引き出されます。今回2回もやって全然気づいてないから、大量とはいえ精霊のテオにかかれば毛ほども影響がないみたいです。持つべきものは精霊の友達ですね。
(でも、いずれは自給自足出来るように、魔力を貯める花を作ります。魔力をどのくらい使うのか分かれば万事オッケーです!それまでは、テオに甘えさせてもらいましょう☆)