Theatrum

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

劇場◆第二章◆01

キウレ:離してっ!やめてよ!!

元帥、この娘が式典の邪魔を。

天帝の御前だぞ。

も、申しわk

キウレ:食べ物食べてただけじゃない!みんなのものじゃないの!?

我々の分は天帝が召し上がってからなのだ!…この様に、ズレた考えを持っている様で。石版産まれのものとは思えず…!

ダマラ:そいつの腕、よく見てみろ。

腕?

ダマラ:恐らく腕から背中にかけて模様がある。

はっ!

キウレ:な、やめてよ!!えっち!

黙れっ!大人しくしろ!

おぉ、あれは…凶事の象徴か!?

なんと!?

恐ろしい…

キウレ:な、なに?

ダマラ:娘。産まれはどこだ?

キウレ:知らないよ。気付いたら洞窟にいたもん。

どこの洞窟だ。何か特徴は無かったか!?

キウレ:わっかんないよぉ〜…あ、キラキラしてた。

ダマラ:キラキラ?

キウレ:空一杯に赤青白のキラキラがあったかな。

ダマラ:…。

一体どこだというのだ。

ダマラ:元帥。

はっ!

ダマラ:恐らく3日前に地揺れがあった辺りだ。洞窟らしき物を探し、何かが産まれた形跡がないか探せ。

な、何かが!?

ダマラ:恐らくコイツァは…(火の鳥だろう。)

 

 

ダマラ:と、いうことだから。お前はこれを監視しろ。

キウレ:誰?

ディオサ:かしこまりました…。

ダマラ:なんだ?

ディオサ:いえ、また面倒ごとは私に押し付けなさるのだなと思いましてね。

キウレ:誰?

ダマラ:お前だから頼むのであろう?

ディオサ:はいはい、信頼頂きありがとうございます。

キウレ:愛人?

ダマラ:心がこもってないぞ。

ディオサ:そんなことありませんよ?

ダマラ:ディオサ。

ディオサ:はい?

ダマラ:こいつはお前以外に任せられん。(未知数過ぎて)頼んだぞ?

キウレ:天才過ぎて?

ディオサ:…しかと!

キウレ:シカト?

 

 

キウレ:ねぇ、名前なんて言うの?

ディオサ:ディオサだ。お前は?

キウレ:キウレ・ミラだよ。ねぇ、厄災ってなんなの?

ディオサ:…。お前、本当に土から生まれたのか?

キウレ:分かんないよ。気づいたら洞窟にいたんだもん。

ディオサ:親は?

キウレ:親って?

ディオサ:お前を育てた両親だよ。

キウレ:も〜。だから気づいたら洞窟だったの!一人でいたんだってば。

ディオサ:…嘘ではないか?

キウレ:嘘ついてどんな得があるのさぁ

ディオサ:言葉はどこでならった?

キウレ:えー?普通に話せたけど?

ディオサ:ディオネについては何を知っているんだ?

キウレ:ディオネって?ディオサの家族?

ディオサ:違う。ここ、石板都市の事だ。

キウレ:ここ石板なの?

ディオサ:はぁ…分かった、もう面倒だ。一から説明してやる。ここは石板都市といって、空に浮かぶ大都市だ。天帝ダマラ・ナルガ様が治めており、人口1000人程度。

 

石版都市において殺生は禁止。私の所属する近衛隊が取り締まっている。

マナという力を使う者がおり、天帝と近衛隊はその力を使いこなし魔導士と呼ばれている。

石板都市が空に浮いていると言ったが、マナの力で空に浮いている。(近衛隊に属していない魔導士は、自由気ままだったり、協調性がない者で、変わり者扱いされる)

 

石版を管理しているのはアンノリンというAIで、"悪"が何かを理解している。悪の先に何が待っているかも計算できるので、外部干渉が無ければ間違いは絶対に起こさない。

 

石版都市には3つの一族が共存している。

魔蔵(魔導を使う。ナルガなど)、天蔵(精霊魔導を使う。闘神など)、地蔵(魔導が使えない。治癒に長けている)

その中でもナルガ一族には、稀にマナの吸収・貯蓄が出来る者がいる。他人のマナを吸収して殺したり、逆にマナを注ぎまくって破裂させたり出来る。天帝により禁止されているので、やるものはいない。