甘能美にあふれた世界

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

テアトルム01

🔴わぁー!凄いすごーい!
🔵藍領て初めて来た。
🔺私は旅行が初めてだよ!
🔻それはみんな同じでしょお?
キャッキャッ

 

👩🏻‍🏫藍領は緑豊かで水が綺麗な場所。桃の木が有名です。環境が良く流れる時間がゆっくりに感じる程で、住む人も穏やかになり争い事が少ないという話を聞きます。
⚛️でもマナの泉をカミビトが守ってるって聞いたから、争いが無いことはないんじゃ無いの?
👩🏻‍🏫そうですね。マナは魔導や精神力の源ですから、私利私欲の為に狙うものもいます。しかし、カミビトの力が強いので、争いが起こる方が珍しいのですよ。
⚛️ふーん。信じ難いけどねー。
👩🏻‍🏫想像するのが難しいでしょうね。一度住んでみると良いかもしれません。
🔴じゃあ孤児院をここに移そうよ!
👩🏻‍🏫そ、それは良い考えですが…そんなお金うちにはありません…。
🔺じゃあこんな旅行じゃなくて移転の為にお金貯めればよかったのに!
👩🏻‍🏫それは…
⚛️バーカ。こうやって旅行に来れたから移転したいって感想持ったんだろ?今の一連の会話だって、ここに来なきゃ行われなかったことだぞ。
🔺んー、確かに。
⚛️はーバカ。
🔺バカって言うなよ!ムカつく!!
👩🏻‍🏫ふふ、ミラありがとう。
⚛️いや、別に。ねぇ先生、あの浮いてる奴は何?

👩🏻‍🏫あれは石版都市遺跡というらしいです。

⚛️都市?ヒトが住んでるの!?

👩🏻‍🏫住んでいたのは1000年前の話で、伝染病が流行って殆どが亡くなったらしいわ。

⚛️へぇ…伝染病て?

👩🏻‍🏫原因は分からないみたい。伝染病とだけ伝えられてるわね。

⚛️ふーん…。
👩🏻‍🏫では、少し自由時間にします。この公園の外には出ないように。14時に集合です。

 

 


🔻あれ、ミラは?
🔴さっきの桃の木が気に入ったみたいでスケッチしてるよ。
🔵相変わらず陰気臭いやつ。
🔴芸術家だよなー
🔵お前はポジティブだよなぁ
🔴ん?そうか?

 


⚛️…石版都市遺跡かぁ。行ってみたいな…。
❄️綺麗だね。
⚛️わっ
❄️驚かせてしまったか、ごめんね。素敵な絵だから話しかけたくなってね。
⚛️ど、うも。

 

🌐髪と瞳が白い…どっかの種族かな?

 

❄️よくここで描いてるのかい?
⚛️いえ、旅行できた記念に。
❄️旅行かぁ!どうだい?藍領は。
⚛️…桃の木が印象的です。
❄️ここでしか咲かない木だからね。
⚛️咲かない…?
❄️うん。桃の木はテアトルム全域に生える木なんだけど、花を咲かせるのは藍領でだけなんだ。
⚛️なんで?
❄️んー、なんでだろうねー。
⚛️知ってるんでしょ?
❄️ふふ、残念ながら知ってるわけじゃ無い。こうだったらいいなと思って、僕が勝手に解釈してる考えなんだよね。
⚛️それでもいいから知りたい。
❄️んー、人に言うとなると恥ずかしいね。
⚛️…もうすぐ集合時間なんです。
❄️分かった分かった。…環境にね、左右されるんじゃないかと思ってる。
⚛️環境…?
❄️菫でもなく、紅でもない。藍だから咲くのは、藍にしかないものがあるから。
❄️藍にしかないもの…それは

🌐突然の強い風にミラが描いていた紙が飛んでいく。

⚛️あ!待ってっ!

 


🌐追いかけて勢いよく坂を下るミラは、バランスを崩して川に落ちてしまう。

f:id:c01a-de-6k195:20180217195319j:image

 


⚛️モガッ…ググッ…!!
突然の事に取り乱し、水の中で暴れ体力を消耗していく。身体は徐々に沈んでいき、呼吸が持たなくなると気を失った。

 

 

チチッ……チチッ…

 

 

耳障りな音に気づいて目を開けると、目の前には大きな球体が浮かんでいた。

🌐息ができないっ!?

 

再びもがくと、今度は息のできる場所へ移動する事が出来た。息を整えてあたりを見る。先程みた球体の下には水が噴出されており、水が球体の底に溜まっているように見えた。
ミラは藍領の川からそこに流れ出たのだと考えていた。


視線を上に移すと、より大きな球体がその上に浮かび、更に上にも噴水に触れている球体と同じ程の大きさのものが浮かんでいた。
それぞれの球体の周りにはひし形のキラキラしたものがいくつかあり、球体を囲むように浮いていた。
周りに光が無く暗いのに対し、この球体群は青白く光り、神々しさを感じた。

 

 

 


🌐綺麗…

 

見惚れていると、漆黒の大きな手に掴み取られた。

 

得体の知れないそれは、ただただ恐怖と苦痛を与えてきた。あぁ、このまま握りつぶされて死ぬんだと。しかし不意に身体の苦しみは消え、白い光に包まれる。

白い光と漆黒のそれらは、ミラを静かに見た。ミラもそれらから目を離せなかった。恐怖と好奇心で思考回路はぐちゃぐちゃだった。
赤い光が見えた。ミラの身体を貫通していった。(これが呪縛)痛みはなかったが…ミラの意識は徐々に薄れていった。

 

⚪️院長のところへ飛ばす。
⚫️さっさとしろ。

 

🌐聞き取れる…院長…?

 


👩🏻‍🏫…ッ!…ラッ!!ミラっ!!
⚛️ガハッ!!?
👩🏻‍🏫はぁ!良かった、起きたのね…。もう…ダメかとっ…!
⚛️溺れて、た?
👩🏻‍🏫ええ。近くにいた親切な方が飛び込んで助けてくださったのよ。
⚛️え、どんな人?
🔴どんなって、男だったな。
🔺白髪に白い瞳、服も白くてピンクのラインが特徴的だったわ!
🔵お前相変わらずだな。
🔺イケメンだったもの!
🔻そんなことよりお前、院長ずっと泣いてたんだからな!心配させんなっ!!
⚛️ご、ごめん…
🔵泣いてたのはお前もだろ。
🔻うるせー!泣いてねー!
👩🏻‍🏫今日は、もう宿に戻ります。みんなしっかり休むのですよ。
🔺えー。
🔻文句言わないの。院長気疲れしてるんだから。
👩🏻‍🏫あなたは…いつもごめんなさい。
🔻え?ごめんなさい!
🔵お前も院長に気を使わせてちゃまだまだだな。
🔻むぅ。

 


宿屋にて。

 


⚛️ん…ぐっ…はぁ、はぁ…しらは…?
⚛️いないのか…うっ…うう、苦しいっ熱い…

🌐なんだろうこれ、身体から溢れてくる、頭が割れそう、身体が熱い、死んじゃうのかな。

⚛️のど…渇く…ハァハァ…

❄️コレ、お飲み。
⚛️ぁ…え…?
❄️昼間はどうも。気になって来たんだけど、マナが漏れ出してるよ。
⚛️マ、ナ?
❄️とにかくこれ飲んで。
⚛️ん、コク…コク…
❄️おへその下に意識を集中して。渦を描くようにグルグルと。
⚛️ハァハァ…つ、
❄️出来ないと破裂して死ぬよ。
⚛️死…!?
❄️ほら、
⚛️ハァハァッ!
❄️そう、そしたら右手に移して。右手の平から流れ出すように。

白髪の青年の言う通りに意識すると、ミラの右手から青白い光が出てきた。

❄️これがマナだよ。普段は目に見えないけど、しっかり練り込むとこうして具現化する。苦しくなくなるまでこれに流し込んでいきなさい。
⚛️ん、くっ!ハァハァ…ハァハァ、
❄️もういいの?
⚛️…コクン
❄️じゃあこれは僕が処理しとくから。
⚛️それっ、なに?
❄️これはマナを凝縮したもの。このまま放れば衝撃波になる。この宿屋なら木っ端微塵だね。
⚛️え、あなたの手は!?
❄️僕はマナの扱いに慣れてるから平気だよ。
それより1つ、忠告。普通、マナを許容するのに限界があるのに対し、君はなんらかの影響でマナ容量に限界が無い。その為マナを受け入れ続ける。
⚛️な、なにそれ、マナって…意味わかんないよ!
❄️受け入れ続けると今みたいに身体が耐えられずパンクする。そうなる前に適度に放出した方がいい。簡単に言えば魔導を使ってマナを身体に溜めないようにしろってことだね。
⚛️魔導?やったことないよ。教えてよ!!死にたくない!
❄️キミ、今日だけで二回助けてるのにまだ望むの?強欲だねぇ。ちなみに僕は魔神。三回のお願いは叶えるけどそれ以上なら代わりに魂を貰うよ。あと一回、僕にまだお願いする?
⚛️最初の二回は勝手にやったんだろ!?頼んでないよ!
❄️言ってたよ。タスケテって。覚えてないだけでしょ?
⚛️嘘つけ!でっち上げてるだけだろ!
❄️ふふ、落ち着きなって。そろそろ右手が疲れてきたよ。下ろしても、いい?
⚛️!?だ、だめ…
❄️どうする?
⚛️……誰にも迷惑かけないところに持って行って…
❄️僕に魔導を教わらなくていいの?
⚛️お前なんかに教わらなくてもっ、自分でなんとかするから、いい!
❄️ふふ。分かった。じゃーまたね。
⚛️…っ!!

f:id:c01a-de-6k195:20180217195330j:image

 


⚛️どうしよう