甘能美にあふれた世界

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

魔女の戯 メモ19

ミヤトの相棒である獅子がテアトルムの森で瀕死の怪我を負い、命は諦めるしかない状況に陥った。


ミヤトは魂石を埋め込めば回復するかもしれないと提案。
ただ埋め込むだけでは回復せず、獅子の魔力も足りなかった。保存用の魔力は獅子に適合せずむしろ更に追い込んでしまった。


苦し紛れにミヤトが自分の魔力を注ぐと、突然勢いよくミヤトの魔力を吸収し、獅子は姿を変えていった。
一気に魔力を持ってかれるミヤト、魂石に適応しようと困しむ獅子…ミラは急ごしらえの結界で2人の魔力が空に逃げないように包み込む。
結界の中が魔力で満たされる。

 


しばらくして静かになるとその場に倒れこむミヤトと獅子。

 

結界を解いて2人に近づく。
漆黒の毛・鋭く生えた金色の角・捉えたものを射殺すかのように鋭い瞳…獅子は動物のそれとは異なる姿に変わっていた。
ミヤトに外見的変化はなく、気絶していた。

 

 

獅子がミヤトの顔に擦り寄ると、額の石が光る。
🥀何してんだ…
⚛️恐らく魔力を分け与えてる…。多分、獅子はミヤトの魔力を糧に魂石と適合出来たんだ。ミヤトと獅子の関係だから出来たんじゃないかな…
🥀眷族になったって感覚かな…
⚛️そうかも…。なんか…凄いもの見たな…
🥀な。

 

 

これをきっかけに魂石を埋め込んで使役する実験を開始。動物やノウムに仕込んでいく。

魂石を埋め込んでも、容れ物が拒否反応を起こして受け入れないまま死亡する事が多かった。

ミヤトと獅子の事を参考にするなら、魔力提供者と容れ物が親密な関係で無ければいけない。

しかし、容れ物と親密でなくても成功するパターンもあった。魂石自体が魔力提供者の魔力に適応している場合がそれだった。

 

適合させる条件は、魔力提供者が魂石か容れ者に魔力を馴染ませる必要があった。最低3日で馴染ませることが出来たが、長ければ長いほど通じる力が大きくなる。