甘能美にあふれた世界

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

魔女の戯 メモ17

泉を作りに森の一部を作り変えていたら、謎の少女に襲われた。森には動物がたくさんいるのに、開拓の為に森を削られており悩んでいるのだと言う。

 

とりあえず一番の敵である人物を殺せば泉計画を実行しても良いと言ってくれたので、そいつを殺す(又はそれに近い)計画を立てることにした。

 

なんやかんやで

カルラも加わりミヤトとも仲良くなり

そいつを殺す。

 

その間、ミラオリジナル戦闘用魔導具を完成させて活用する。明道院と魔導具などの契約を結ぶ。

 

その後、カルラとミヤトとミラは仲良くなり三姉妹となる。

 

動物達の森を保護するという名目である一角にミラの魔法で住処を作った。ミラの思惑は森の至る所に魔法陣を張り、森の生物から少量ずつ魔力を集める事。皆には内緒で行なっていたが、見抜いたカルラとミヤトに怒られる。

 

🍀それより最近森に人間が住み着いてる。

⚛️あぁ、気づいてたけど魔力くれるし見逃してた。

🥀お前は本当に魔力のことばっかだな。

⚛️魔力がないと開発できないんだもん!!

🥀分かった分かった。

🍀思ったんだけど、泉に色々くるじゃん?そん中で人間が意外と来るんだよね。大抵が何かから逃げてたり、衰弱しきってんの。

🍀その人間達を安全な土地に招いて、魔力を集めるってのは?安全を提供する代わりに魔力を少量もらい続けるよって条件で。
⚛️おお…

🥀確かに非力な人間にとってこの世界はとても厳しい。過度に摂取しないのであれば、その条件でも提供してきそうだね。

⚛️ミヤトお前っ!!!なんて賢い!!!

🍀うるっさいなぁ頭を撫でるなっ!

🥀村でも作って自給自足出来るようにしたら自活できるし。何処にその土地を作るかだけど。

⚛️んー。人間てどれくらいいるんだろ?

🥀aiに聞いてみよう。

 

aiのアドバイスもあり、場所を決め、ミラの魔法で巨木を生成、その中に生活スペース、外に農業スペースを作り、森に迷い込んでる人間を捕獲、条件提示で住まわしてやる事にした。