甘能美にあふれた世界

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

魔女の戯 メモ16

🦁それ…腰につけるかぁ?
⚛️だって担ぐと重いんだもん。
🍁あのさ
⚛️ん?何小夜ちゃん。
🍁ちゃん付けて呼ばないで。1つ光ってるよ。
⚛️へ?あ!?腰下げに入れてた卵から魔力吸ってる!あー、卵が半分に…
🦁なんか入ってんじゃねーの?開けて見よーぜ。

 

🌐短剣を使って金細工の1つを開けてみる。
すると中には小さな少年が石を抱えて眠っていた。
声をかけて起こしてみると、少年は眠気まなこで答えた。自分は精霊で、魔力を魔力袋に入れて持って行かないといけない場所がある。しかし、その往復に飽き、いい方法を思いついたのであの強い鳥に寄生していたという。精霊達が鳥の魔力を吸い続けるから、鳥は自分に魔力を貯められる様、遺跡に来る生物全てを喰らっていたという訳だった。
🌐いい方法とは、魔力を魔力袋より多く効率よく運ぶ方法。魔力を凝縮して安定させる為に鉱石化、それを持ち運ぶ。試みたのが3年ほど前なのでまだ運び出していないが、気づけば自分と同じくらいの大きさまで育てられた、と。本当は運ぶのが億劫でサボっていた…という様子だった。因みに六匹兄弟で他の金細工にそれぞれ住み着いてるとのこと。

 

🌐ミラは兄弟を起こして契約を持ちかける。食事や住まいは工面するので、引き続きミラの為に魔力凝縮鉱石を作ってくれと。

 

🌐強い鳥を倒したあんたならもっと強いだろうし、寝るだけの生活には飽きていたところだと六匹共了承。契約を交わした。

 

⚛️精霊との契約ってどうやるの?
🔴軽いキスだな。
🔵口にこうチュッと。
💕え!?僕ファーストキスだよ!
💚俺もだ。ってーかお前ら全員だろ。
💛えーどーしよーどーしよー。
⚛️いいから、はやくしてくれる?
💕うぇぇ、ムードとかない訳?
⚛️小さな君達と巨大な私とではそういう雰囲気にもならないでしょ。
💕ちぇっ。

 

☣️何を企んでいらっしゃるので?
⚛️ふふ。屋敷に帰ったら伝えるよ。