甘能美にあふれた世界

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

長女 ・ 三女 ①

気がついたら真っ白い部屋に居た。真っ白の服を着た奴が無理矢理体を押さえつけてくる。
最後の記憶を辿ると、図書館でノウムについて調べていた事が浮かぶ。
また白服が来てドアが開き、裸にされ、身体を清められる。

不気味な模様を体中に描かれる。

この赤黒さは…恐らく血液…


移動していて分かったのは、私以外にも連れてこられた者がいる事、ノウムが悲鳴をあげている事…。
祭壇のあるひらけた部屋に連れられると、注射器で何かを打たれた。

そこから意識は朦朧としている。

 

黒い影…
肌寒い白…

 

勢いよくドアが開いた。しかしそこにいたのは、あの気持ち悪い白衣の集団ではなく、金色の髪をフワフワとさせた女性だった。
お前、名前は?
……。
私はカルラだ。この施設を壊しに来た。
…壊さないで…たくさん、いるから…
たくさん連れてこられて…何かされてる…
…そいつらは生きていたいのかね。
それは私が決める事でもあなたが決める事でもない。
…お前は?
…?
生きるのか?

 



ちょっと、どこ行くの?
研究所の中を見て回るの。
ダメよ、さっさと出ましょう。
気になるものがあるの。
気になるもの?
ここはノウムや魔力についての研究をしていた?
そうね。
ノウムの謎を解きたかったの、そのヒントがここにあるかもしれない。
この研究所をぶっ壊すのが私の仕事なんだけど。
何故?
依頼者の意向だよ。
依頼者は誰?
そりゃ言えないよ。
そう…じゃあ壊していいわよ。私は見て回るから。
おいおい。
あぁ、言い忘れてたけど。私の名前はミラ・ハートネット。
!?
魔道具の世界ではそこそこ名が知れてると思うのだけど…。変な場所に連れて行かれて、実は魔力の操作が出来る様になってたんだけど…。
魔力の操作?
魔女?魔道士?なんにせよ、この力を使って新しい魔導具が作れそうだなって思ってるわ。
……。
いいの?壊して。
……ふむ。