甘能美にあふれた世界

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

未完

世界に1つしかないボク 仮(2014.4)

ボロボロなオレンジ色のポンチョを着た6歳くらいの少年が、ロボットと生活する話。 見渡す限り一面砂の世界。 そこに少年とロボットがいた。 ロボットは大抵の事は何でも知っていて、少年の命をいろんな意味で支えている。 特に砂に埋まった金属を探し出し、…