甘能美にあふれた世界

創作の引き出し。創作途中の話もあるので、突然文章が変わる事があります。

テアトルム03-2

👩🏻‍🏫ミラは16歳。14歳で出ようと思えば退院することも出来たのに、何故しなかったの?
⚛️理由が無かった。自信もなかったし。
👩🏻‍🏫では、今は理由があるのですね?
⚛️ある。
👩🏻‍🏫教えてください。
⚛️教えられない。
👩🏻‍🏫…何故?
⚛️それも、教えられない。
👩🏻‍🏫…退院の決心がついたのはいつですか?
⚛️…藍領の旅行から帰ってから、少し考えてて…決めたのは昨日。
👩🏻‍🏫アカデミーの存在を知った事に関係がありますか?
⚛️アカデミーの事は前から知ってたよ。
👩🏻‍🏫ではアカデミーの方に関係が?
⚛️…違う。院長、尋問みたいに感じるんだけど。
👩🏻‍🏫そう感じるならそうなのでしょうね。
⚛️む…、院長が許可してくれなくても私は出て行きます。今までお世話になったから、きちんと感謝を伝えに来ました。
👩🏻‍🏫そうね、あなたは頑固だからね。
⚛️…ありがとうございました。院長の事、一生忘れません。
👩🏻‍🏫…。
⚛️…っ、さよなら。

 


⚔️まてまて。
👩🏻‍🏫オーナさん?
⚔️君ね、勝手に動かれたら困るんだけど。
⚛️…本当に来ると思わなかったから。
👩🏻‍🏫オーナさん。ミラが理由を言わずに退院を願い出て来ました。ご説明、頂けますか?
⚔️なんだ、理由言ってないのか?
⚛️…。
⚔️あー、つまりアカデミーに入学したいそうです。
👩🏻‍🏫アカデミーに?
⚔️実は昨日、こちらを出てから妖魔を相手にしまして、その時にこの子が危険な目に遭いました。
👩🏻‍🏫なんですって!?ミラ、何故言わないの!?
⚛️…、、
⚔️そこで自分の非力さに嘆いていましたよ。院長や友達に要らぬ心配もさせたくない、とも言ってました。
👩🏻‍🏫怪我は、していないのですね?
⚛️…してない。
👩🏻‍🏫要らぬ心配?それはあなたが決める事ではありません。私はあなたの母親同然。心配するなという方が難しい。今の様に危険な事があったと人から聞くのはとても悲しいことです。あなたがいなくなってからではこの気持ちを伝える事もあなたの気持ちを聞くことも出来ない。
⚛️…。
👩🏻‍🏫ミラ、あなたは勇者になりたいのですか?
⚛️違う。
👩🏻‍🏫では妖魔と戦い、非力を嘆く必要はありません。アカデミーに入学する動機は何です?あなたの性格上、組織に所属することは向かないと考えると思いますが?
⚔️いやぁ〜流石院長さん、よく見てるな。
⚛️…動機は言えない。
⚔️君は嘘がつけないんだな。誤魔化してしまえばもっと楽なのに。
👩🏻‍🏫そういう子です。まさかとは思いますが
⚔️違うからね?俺がたぶらかしたんじゃないですよ?
👩🏻‍🏫そうですか。
⚛️ここに、いたくなくなったから。
👩🏻‍🏫ミラ?
⚛️理由は、この孤児院にいたくなくなったから。
👩🏻‍🏫……ミラ。いい加減にしないと怒りますよ?
⚛️本心だよ。
👩🏻‍🏫分かりました。好きになさい。あなたが理由を言わない限り、私は今後一切の補助を行いません。孤児院の者と接触する事も禁じます。
⚛️好都合だよ。荷物をまとめたらすぐに出ます。
👩🏻‍🏫何を言っているのですか?
⚛️へ?
👩🏻‍🏫まとめる荷物なんて無いでしょう。今まで与えていたものは全てここの備品です。あなたの所有物などありません。
⚛️…そうですか!では、お世話になりました!二度と顔を出さないから安心してくださいよ!さよならっ!!

 

バタンッ!!!!!

 

👩🏻‍🏫……、
⚔️あいつが理由を言わないのなら、俺からも言えません。
👩🏻‍🏫…っ。
⚔️院長、ミラは…頑固で真っ直ぐな、優しい子ですね。
👩🏻‍🏫うぅ…、あの子をよろしくお願いします。
⚔️はい。

テアトルム03-1

⚛️はぁ…疲れたぁ〜
🔵お、ミラおかえり〜。
⚛️んー。…お客さん?
🔵そ、なんかこの辺に盗賊が出たんだって。家に入られたり怪我人が出たりしてるらしいぜ。
⚛️へー。うちの孤児院に入っても金目のものないから大丈夫だろ。
🔵だな。
🔴はぁ…
⚛️なんだミサ。
🔴あの人さぁ…アカデミーの人なんだって。そばにいる人は勇者候補生で、妖魔との戦いの日々なんだってぇ〜。
⚛️アカデミーか。強いのかな。
🔴聴いてた?妖魔相手にしてんだから強いに決まってるじゃん!
⚛️そっか。
🔴あ、ちょっとどこいくのよ!

 

ヒュッ
パシッ、ダン!

 

⚛️いって!痛い痛い痛い!!
👩🏻‍🏫ミラ!?
⚔️どういうつもりかな?
⚛️強いって聞いたから、どんな動きなのかと思ったんだよ!離してぇえええ!
⚔️院長さんにお話ししてたところなんだけど、そういう好奇心で盗賊に近づかない様に注意してねミラくん?
⚛️子どもの可愛い悪戯だってば!そんな怒る事ないだろぉ!!
⚔️ま、元気な事はいい事だね。
👩🏻‍🏫大変申し訳ありません!きちんと話しますので。
⚔️はは、子どもが元気なのはこちらが良い環境な証拠ですね。院長先生は立派に運営なさっているて、素晴らしいです。
👩🏻‍🏫いえ、そんな…ありがとうごさいます。あの、どうか子ども達の安全をお護りください。
⚔️はい。お任せください。

 


アカデミーの人退室

 


👩🏻‍🏫ミラ、ちょっと院長室へいらっしゃい。
🔵ミラもういないよ?
👩🏻‍🏫な、なんですって!?

 

 

コソ…

 

🗡オーナさん。
⚔️あぁ。…出ておいで。まだ殴り足りなかったかな?
⚛️ち、違いますよ。さっきのはホントちょっとしたやつで…ご、ごめんなさい。
🗡なんだ謝れるんだね。
⚛️む。
⚔️こら、カイラ。それで、何か用があってきたんでしょ?
⚛️あの、アカデミーてどんな事をしてるの?戦うのが強くなる?
⚔️カイラ。
🗡はい。アカデミーとは、妖魔と戦い、戦果を上げた初代勇者様御一行が作られた勇者育成システムです。今では近隣の安全を守る警務組織としても各地で動いています。
⚛️私は、自分や周りを護れるくらい強くなりたいんだけど、出来る様になる?
⚔️それはミラくん次第じゃないかな?
⚛️…ねぇオーナさん、私に

 

きゃーーーーー!!

 

🗡なんだ!?
⚔️血の匂いだ。
🗡オーナさん!

 

げひゃひゃひゃ!!

 

⚛️盗賊じゃない!?
🗡お前なんでついてきてんだ!
⚔️あれは妖魔だな。
🗡危ないから離れてろ!

 

キン!ガッ、ドーン


妖魔とやり合うアカデミーの2人

 

妖魔の攻撃が建物を崩す、逃げ遅れた少女が瓦礫の真下に。

 

⚛️危ないっ!

 

ミラは水で少女を安全な場所へ移動させ、風で瓦礫を妖魔の所へ吹き飛ばした。

 

⚔️🗡魔導!?
⚛️大丈夫?
うぇーん!!
ササちゃん!!
ママァー!
ありがとうございます!!
⚛️早く遠くに逃げて。

 

 

🈲キミ、魔導師?
⚛️え?

 

ドッ

 

⚛️かっ

 

突然現れたローブを着た者に心臓を貫かれるミラ。

 

きゃーーーーーーーーー!!

⚔️ちっ、
カイラが刺さった赤い結晶を切り、オーナがローブの者へ斬りかかるが避けられてしまう。

🗡オーナさん!傷口がありません。
⚔️なに?
🗡さっき刺さった赤い結晶も消えました。
⚔️幻術か?
🗡いえ、そのような痕跡は無いです。
⚔️…お前のローブ、ナルガだね。この子のマナを吸ったな?
🈲ふふ。その子、マナをいっぱい持ってるね。普通なら死んじゃってるのに、まだ底が見えなかったもん。
⚛️…ハァ、

 

突然ナルガの周りを囲むように地面から現れた土壁

 

パンッ

 

倒れたままのミラが手を叩くと同時に土壁が寄り合い、中の者を潰した。が、手応えはなかった。

 

⚛️ち、逃した…
🗡お前、魔導を使えるのか
⚛️魔導しか使えない。相手の速さは見切れないし、攻撃を防げないし、かわせない。
⚔️人目が多い。場所を変えるよ。

 


⚛️さっきの赤い結晶…
⚔️あれはナルガ特有のマナ吸収能力だ。体に突き刺したり触れたりするとマナを取られるらしい。お前も吸われたのか?
⚛️吸われた。
🗡底が見えなかったと言ってましたね。
⚛️何のことかわからない。
🗡ていうか、この子が魔導師だって院長は知ってるんすかね。
⚛️孤児院の人達には言ってない…ていうより、今日初めて人前で魔導使った。
⚔️生まれつき使えたの?
⚛️いや、藍領の泉に落ちてから使えるようになった。
⚔️それを隠しながら修練してたと、
⚛️うん。
⚔️…はぁ、キミね、そういうのは周りに相談するもんだよ?
⚛️相談したら…巻き込んでしまう。危険だ。
⚔️🗡…。
⚛️だからっ、私は孤児院を出たい!あの人達は身を守る術がない、私にはあの人達を守る術がない!正直いうと強いあなたに里親になってもらって何事もない感じで孤児院を出たかったんだけど、そんな都合よく出来ないのも分かってて…どうしたらいいか教えて!
🗡…オーナさん、ダメですからね。
⚔️んー、
🗡ダメですからね?
⚔️よし、俺が引き取ろうか。
⚛️ホント?
🗡ダメって言ったじゃないですか!!
⚔️ま、ミラくんの言ってる事は正しいし、このままこの子を放っといても危険だからね。俺が里親兼監視役って事で。
⚛️…!!
🗡僕はこの子をまだ信用できません。妖魔やノウムの手先だったらどうするんですか。
⚔️その時は俺が殺そう。
⚛️!?
⚔️違うだろ?
⚛️違う!
⚔️なら良いじゃないか。な、カイラ。
🗡はぁ、僕は知りません。

⚔️院長さんに言えば良いのか?
⚛️うん!
⚔️じゃあ日を改めて伺う事にするよ。今日はもう遅い。
⚛️!?そう言って逃げるんじゃないのか!
⚔️逃げない逃げない。今日は俺もまだ仕事が残ってるんだ。また明日な。
⚛️明日、明日だからね!
⚔️分かった分かった。

テアトルム02

⚛️院長…
👩🏻‍🏫あらミラ。どうかしたの?
⚛️…ぇっと
👩🏻‍🏫ん?
🔺院長せんせー!
👩🏻‍🏫サヤ。いつも元気一杯ねー
🔺みてこのお花可愛いでしょー!!
👩🏻‍🏫そうねぇ!机に飾ったらどうかしら?
🔺それナイスー!花瓶ちょーうだい!
👩🏻‍🏫今ミラとお話ししてるから、花瓶はパタヤさんに聞いてね。
🔺えー!!
⚛️いいよ。私はまた今度で。院長行ってあげて?
👩🏻‍🏫…そう?
⚛️うん。
🔺やった!ありがとミラっ!
⚛️ふふ。院長、図書館に行ってくる。
👩🏻‍🏫分かったわ。遅くならないようにね。
⚛️うん。

 


🌐変な心配させるより、自分で出来るところまでやってみる。

 

--------------------------------------------------

⚛️魔導…魔導…と、結構あるな。

 

 

📕魔導の使い方が書いてある本?
⚛️はい。
📕君、魔導師か?
⚛️違います。興味あって。
📕ふーん。子どもの遊びにしては危険じゃないか?
⚛️遊びじゃないです。し、知り合いの、命に関わることだからっ。
📕そういうのは衛兵か医者に言いなよ。子どもがなにしたってどうにもならないだろ。
⚛️もう言ったよ!それでもじっとしてらんないんだよ!
📕…ふーん。ま、私には関係無いから、良いんだけどね。付いておいで。

 


📕この棚は魔導系の本が多いよ。小説ばっかりだけどね。
⚛️…どうも。
📕ごゆっくり。
⚛️なんか熱くなっちゃったな。恥ずかし。落ち着けぇ…よし。探そ。

 

🌐たしかに小説ばっかり。使い方って探し方がいけないのかな。いつ身体の限界が来るかもわからないのに…早くしないと、ん?

 

『白い人』

 

⚛️…迷ってる暇ないよな。

 


生きとし生ける全ての者にマナは在る。
マナは適度に身体を流れ、抜けていく。
多くても少なくてもいけない。
マナを自在に操る者を魔導師という。
魔導師は遺伝ではない。
いつ誰が成るかは白い人次第。

 

 

⚛️白い人、ね。

 


🌐ヘソの下に集めて、グルグル螺旋を描く…っ、出来たら手に流していって…ハァ、少しずつ…、放出っ!!

 

出来たマナの凝縮体を空に向かって投げると、勢いよく破裂した。

 

⚛️うわっ!?ハァハァ…
⚛️結構辛いなぁ、でも、あれ以来あの時みたいに熱くなってないから…、ひとまずこれでいいんだよ、ね…ハァハァ、

 

🔴ミラー?
⚛️へ?
🔴あ、いたっ!夕食の時間だけど、何やってんの?凄い汗。
⚛️う、運動?
🔴へー。珍し。
⚛️また溺れないように体力つけようと思ってさ!!
🔴あー。あんまり無理すんなよ。
⚛️うん!さ、夕食いこいこ。

 

 

ガサッ

 

-----------------------------------
📕今日も来たのかぁ。
⚛️公共施設でしょ。
📕来るなって言ってるわけじゃないから。
⚛️感じ悪いんだもん。
📕勉強熱心だなと思っただけだよ。
⚛️それはどーも。
📕くー可愛くないねー。
⚛️結構です。

 

 

魔導師は精霊魔導、藍魔導、紅魔導を操る。
精霊の力、火・水・風・土を操る魔導。
治癒を強化する魔導。
破壊を強化する魔導。

 

 

⚛️うーん、精霊魔導かぁ。
⚛️水をコントロールしてみようかな。

 

 

🌐湖の水をコップに入れる事を目標に!
練りこんだマナを水に浸ける。
衝撃で弾ける。
イメージと違った…。

 

🌐火を操って形を変えてみる!
練りこんだマナを火に…
衝撃で弾けて木に燃え移った。
慌てて湖からマナの衝撃波を打ち、水を飛ばして火を鎮火。


⚛️火事になるところだった…。

⚛️魔導のイメージが衝撃波でしかないんだけど。お腹に貯めるのがもう違うのかな。てから出すのも違うとか?意味わからん。

 

🔵ミラー?夕飯だよー。
⚛️おー。

 

 

ガサガサ…

 

-----------------------------------
⚛️なんでうまくいかないんだろう。素質がない?
🌟魔導は精霊に教わるんだよ。
⚛️精霊?
🌟高密度なエネルギー集合体、って言われてる。
⚛️キミ?
🌟そうだね。
⚛️?
🌟もうっ!察し悪いなぁ!教えてあげるって言ってるのに!
⚛️どうして?
🌟はぁ!?
⚛️だって都合良すぎでしょ。こんなの運が良いって話じゃない。誰かの企みか、精霊のイタズラか、幻術かなにかだね。
🌟考えすぎだよ。
⚛️はっ!

 

グサッ

 

🌟え!?何してんの?
⚛️幻術を解こうと思って。
🌟君…馬鹿だねぇ…、
⚛️防衛本能だよ。知らない人について行くなって言うでしょ。
🌟だからってそこまでする?じゃあ魔導使えるようにならなくていいのね。
⚛️む。
🌟何でヒト種の君が使えるのか興味あったんだけど。君にその気がないならいいよ。じゃあね。
⚛️待ってよ。教わらないなんて言ってないじゃん。
🌟でも警戒してるんでしょ?
⚛️それは…
🌟どーでもいいけどその傷、血出し過ぎて死んじゃうよ?
⚛️やばっ!
🌟はぁ…

 

ポワァ…

 

⚛️なに!?
🌟治癒だよ。見たことない?
⚛️無いよ!治癒って、精霊魔導じゃないでしょ?なんで精霊の君が?
🌟精霊魔導は基礎。紅魔導と藍魔導が使えてこその魔導師だよ。
⚛️へ?精霊じゃなくて魔導師なの?
🌟精霊で魔導師なの。どうでもいいよそんなこと。ほら治ったよ。
⚛️…すごい。
🌟じゃあね、お馬鹿さん。
⚛️ま、待って待ってよ!!
🌟何だよっ!
⚛️お、怒らないでよ。
🌟怒るさ!悪人呼ばわりされたんだよ?
⚛️悪人なんて…言ってないじゃん。
🌟じゃあなに?悪魔か何か?
⚛️ごめんて。ごめんなさい。
🌟…。
⚛️魔導を、教えてください。
🌟…ふーんだっ。最初っからそう言えばいいのに。
⚛️じゃあ!?
🌟分かった分かった。教えるよ。
⚛️ありがとう!!

 


ガササッ

 


-----------------------------------
🌟水ってどんなイメージ?
⚛️どんなって…透明、液体、掴めない…とか?
🌟そう。魔導にはそういうのが大事なんだ。目の前にない物を作り出すようなものだからね。
水の特徴をイメージしながらマナを練ってみな。練り方は分かる?
⚛️おへその下あたりで螺旋を描く?
🌟そう。やってみて。
⚛️……っ、
🌟力み過ぎ。水を触るイメージで。
⚛️ふぅ…サラサラ…チャピチャピ…ドボン…
🌟何言ってんの?
⚛️話しかけないで集中してんだから
🌟はいはい。あ、いいじゃんその調子。
⚛️あーーーーー!!!!!
🌟あーあ。
⚛️話しかけないでいでよぉー!!
🌟練り込みが未熟な証拠でしょ。ほら次。
⚛️むー!お手本見せてよ!
🌟だ、だからイメージが大切なんだって。見ちゃったら俺のイメージ強くなっちゃうだろ?
⚛️そんなこと言ったって分かんないんだもん。

 

🔻ミラー!昼ご飯!!
⚛️え?もうそんな時間?
🔻もー、最近時間にだらしないよ?運動も程々にしなよ。
⚛️ごめん、今行くから。…?
🔻どうしたの?
⚛️いや、…なんでもない。

 

🌐精霊隠れたのかな…やばい、名前聞いてなかった。

 


🌟……。
📕おい、なんですぐ連れてこなかった?
🌟怪しまれてたからでしょ。
📕だとしても教えてやる必要はないだろう。
🌟なんとなくね。
📕夜になる前に連れて来い。ボスに伝えておくからな。
🌟へーへー。

 


⚛️水のイメージ、か。
👩🏻‍🏫ねぇミラ?
⚛️ん?
👩🏻‍🏫シラハに勉強教えてあげて欲しいんだけど。
⚛️いいよ。いつ?
👩🏻‍🏫今から3時間くらい。
⚛️え!?そんなにぃ?
👩🏻‍🏫あの子、テキストを頂いたのに全く勉強出来てないらしくて。あなたの教え方が一番いいんだって我儘言ってるのよ。最近良く出かけてたでしょ?
⚛️あーはは…でもなんで3時間?あいつそんなに集中出来ないでしょ。
👩🏻‍🏫正直な話、あと3時間で里親さんが様子を見にいらっしゃるから、頭に叩き込んで欲しいの。
⚛️…はー。仕方ないか…。
👩🏻‍🏫ごめんなさいね。おやつ奮発するから。
⚛️わかった、分かったから、院長は里親さんの対応よろしくね。あいつ、やっとここ出れるかもなんだから。
👩🏻‍🏫ええ!そちらは任せといて!
⚛️ん、じゃあ後でね。

 


🌐今日はもう森に行けないな…。
あいつに伝えたいけど、連絡方法ないな…

-----------------------------------
翌日

 

🌐液体、サラサラ、濡れる、ユラユラ、波紋、反射、屈曲、透明……出来た。

 

⚛️はぁー!疲れる!!

 

サァ…
風がそよぐ

 

⚛️あいつ…来ないのかな。

 

ザサァ…

 

⚛️……よしっ!もう一回、わぁ!?どうした…その傷…
🌟転んだ。
⚛️嘘が下手だな。隠す気ないだろ?
🌟なんで昨日来なかったんだよ。
⚛️話そらすなよ!
🌟お前もだろ!
⚛️それより手当を!
🌟触るなっ!

 

ブワッ!!!

 

⚛️うわっ!!っぐ、

突風に煽られて木に叩きつけられるミラ。
🌟お前にちょっとでも気を許した俺が馬鹿だったんだ。手荒くしたくなかったけど、もういい。お前は所詮自分の力じゃ生き抜けないゴミ屑だ!

⚛️…な、んで…

🌐精霊が…泣いてた…なんで…?


-----------------------------------


☠️やっと来たか。
🌟…。
☠️オドギ、こいつか?
📕へい。毎日のように魔導についての本を読みに来てたんで、魔導師の卵かと思ってたんですが、隠れて魔導使ってやした。
☠️ふん。確かにマナの強い匂いがするな…。
📕匂いですか?おれにゃーわからねーや。
☠️下等なヒト種に分かるわけなかろう。マナの存在もおとぎ話扱いのお前らにはな。
📕おっしゃる通りで。
☠️てめーも。さっさと連れてくりゃあそんなボロボロにゃあならなかったのによ。
🌟うるせぇ。連れて来たんだ、さっさと石を返せ。
☠️馬鹿か?数が足りねーよ。
🌟は?言われた通り魔導師連れて来たじゃねーか!
☠️俺は魔導師共を連れて来いって言ったんだよぉ。1人じゃ商売にならねーだろうが。特にガキの魔導師だ。高値で売れらからなぁ、ひっひっひっひっ
🌟ざけんなっ!!!てめーらこそ下等なくせして精霊に命令してんじゃねーよ!
☠️精霊魔導の使えねーお前なんかちっとも怖くねーんだよ。さっさと次連れて来い、クソゴミが。
⚛️なるほどー。だからお手本見せてくれなかったのかー。
🌟📕☠️!?
⚛️綺麗な石だね。
☠️お前、いつの間にっ!
🌟俺の石だ!返してくれ!
⚛️今は私の手元にあるから私のだよー?皆さんがお話しに夢中な間にちょっとねー。
🌟水…操れたのか?
⚛️出来たね、昨日からずっと水の事考えてたからかな。
🌟そんな…1日で!?
☠️捕まえろ!
⚛️おっと良いのかなぁ?大事な商売道具が窓から落ちて死んじゃうよぉ〜?
☠️好きにしろ小娘ならまた捕まえれば良い、
⚛️えっ、そうなの!?
🌟ちっ、石に水を込めろ!!
⚛️え、わ、わぁーーーーーーーー!!!!

📕☠️グガッゴボボッ!!

🌟調子に乗るなよ豚野郎どもが。茹で豚にしてやる。

☠️📕ガガボゴボボッ

⚛️水の温度も変えられるのか…凄い。
🌟火の力との応用だ。
⚛️ほーん?奥が深いね。
🌟…悪かったな。
⚛️ふ?
🌟俺はお前を利用して自分の為に動いてたんだ。お前の言う通り悪だったって事だ。
⚛️でも、それほど大事な石だったんでしょ?
🌟これが無いと魔導を上手く操れないんだ。
⚛️うそぉ!それなのにあんな大口叩いてたの?
🌟あのなぁ、全く使えなくなるんじゃ無いよ?威力が大き過ぎて地形が変わる程なんだよ。
⚛️ぇ、…!?
🌟500年かけてつくったから、思い入れも強いし。
⚛️ご、こひゃねん!?作ったの…?
🌟精霊石だよ。知らないか?この石にマナを溜めてテアトルムへ運ぶのが精霊の仕事なんだよ。
⚛️なにで出来てるの?
🌟俺の練ったマナを硬化して作ったんだ。
⚛️へぇ…魔導ってそんな事も出来るんだ。
🌟精霊特有の能力だから、精霊以外はできない。
⚛️なんだそっか、ぃって…
🌟お前怪我か!?
⚛️へへ、さっき君に飛ばされた時のが地味に響いてて。
🌟見せて!うわ…ヒビ入ってたぞ。よく耐えてたな。
⚛️ふふ。ね、聞きそびれちゃった名前、なんて言うの?私はミラ。ミラ・ハートネット。
🌟静かにしてろ。
⚛️教えてくれないのぉ?
🌟…テオ。
⚛️テオ…可愛い名前!
🌟…名前なんて聞いてどうする。…俺を縛るのか?
⚛️そうだね。
🌟っ!?
⚛️友達の呪縛!なんてね。また魔導を教えて?
🌟…なんだそりゃ。お前ホント、馬鹿だな。
⚛️何度も馬鹿って言うなよぉ!

テアトルム01

🔴わぁー!凄いすごーい!
🔵藍領て初めて来た。
🔺私は旅行が初めてだよ!
🔻それはみんな同じでしょお?
キャッキャッ

 

👩🏻‍🏫藍領は緑豊かで水が綺麗な場所。桃の木が有名です。環境が良く流れる時間がゆっくりに感じる程で、住む人も穏やかになり争い事が少ないという話を聞きます。
⚛️でもマナの泉をカミビトが守ってるって聞いたから、争いが無いことはないんじゃ無いの?
👩🏻‍🏫そうですね。マナは魔導や精神力の源ですから、私利私欲の為に狙うものもいます。しかし、カミビトの力が強いので、争いが起こる方が珍しいのですよ。
⚛️ふーん。信じ難いけどねー。
👩🏻‍🏫想像するのが難しいでしょうね。一度住んでみると良いかもしれません。
🔴じゃあ孤児院をここに移そうよ!
👩🏻‍🏫そ、それは良い考えですが…そんなお金うちにはありません…。
🔺じゃあこんな旅行じゃなくて移転の為にお金貯めればよかったのに!
👩🏻‍🏫それは…
⚛️バーカ。こうやって旅行に来れたから移転したいって感想持ったんだろ?今の一連の会話だって、ここに来なきゃ行われなかったことだぞ。
🔺んー、確かに。
⚛️はーバカ。
🔺バカって言うなよ!ムカつく!!
👩🏻‍🏫ふふ、ミラありがとう。
⚛️いや、別に。
👩🏻‍🏫では、少し自由時間にします。この公園の外には出ないように。14時に集合です。

 


🔻あれ、ミラは?
🔴さっきの桃の木が気に入ったみたいでスケッチしてるよ。
🔵相変わらず陰気臭いやつ。
🔴芸術家だよなー
🔵お前はポジティブだよなぁ
🔴ん?そうか?

 


⚛️…。
❄️綺麗だなぁ。
⚛️わっ
❄️驚かせてしまったか、ごめんね。素敵な絵だから話しかけたくなってね。
⚛️ど、うも。

🌐髪と瞳が白い…どっかの種族かな?

❄️よくここで描いてるのかい?
⚛️いえ、旅行できた記念に。
❄️旅行かぁ!どうだい?藍領は。
⚛️…桃の木が印象的です。
❄️ここでしか咲かない木だからね。
⚛️咲かない…?
❄️うん。桃の木はテアトルム全域に生える木なんだけど、花を咲かせるのは藍領でだけなんだ。
⚛️なんで?
❄️んー、なんでだろうねー。
⚛️知ってるんでしょ?
❄️ふふ、残念ながら知ってるわけじゃ無い。こうだったらいいなと思って、僕が勝手に解釈してる考えなんだよね。
⚛️それでもいいから知りたい。
❄️んー、人に言うとなると恥ずかしいね。
⚛️…もうすぐ集合時間なんです。
❄️分かった分かった。…環境にね、左右されるんじゃないかと思ってる。
⚛️環境…?
❄️菫でもなく、紅でもない。藍だから咲くのは、藍にしかないものがあるから。
❄️藍にしかないもの…それは

🌐突然の強い風にミラが描いていた紙が飛んでいく。

⚛️あ!待ってっ!

 


🌐追いかけて勢いよく坂を下るミラは、バランスを崩して川に落ちてしまう。

f:id:c01a-de-6k195:20180217195319j:image

 


⚛️モガッ…ググッ…!!
突然の事に取り乱し、水の中で暴れ体力を消耗していく。身体は徐々に沈んでいき、呼吸が持たなくなると気を失った。

 

 

チチッ……チチッ…

 

 

耳障りな音に気づいて目を開けると、目の前には大きな球体が浮かんでいた。

🌐息ができないっ!?

 

再びもがくと、今度は息のできる場所へ移動する事が出来た。息を整えてあたりを見る。先程みた球体の下には水が噴出されており、水が球体の底に溜まっているように見えた。
ミラは藍領の川からそこに流れ出たのだと考えていた。


視線を上に移すと、より大きな球体がその上に浮かび、更に上にも噴水に触れている球体と同じ程の大きさのものが浮かんでいた。
それぞれの球体の周りにはひし形のキラキラしたものがいくつかあり、球体を囲むように浮いていた。
周りに光が無く暗いのに対し、この球体群は青白く光り、神々しさを感じた。

 

 

 


🌐綺麗…

 

見惚れていると、漆黒の大きな手に掴み取られた。

 

得体の知れないそれは、ただただ恐怖と苦痛を与えてきた。あぁ、このまま握りつぶされて死ぬんだと。しかし不意に身体の苦しみは消え、白い光に包まれる。

白い光と漆黒のそれらは、ミラを静かに見た。ミラもそれらから目を離せなかった。恐怖と好奇心で思考回路はぐちゃぐちゃだった。
赤い光が見えた。ミラの身体を貫通していった。(これが呪縛)痛みはなかったが…ミラの意識は徐々に薄れていった。

 

⚪️院長のところへ飛ばす。
⚫️さっさとしろ。

 

🌐聞き取れる…院長…?

 


👩🏻‍🏫…ッ!…ラッ!!ミラっ!!
⚛️ガハッ!!?
👩🏻‍🏫はぁ!良かった、起きたのね…。もう…ダメかとっ…!
⚛️溺れて、た?
👩🏻‍🏫ええ。近くにいた親切な方が飛び込んで助けてくださったのよ。
⚛️え、どんな人?
🔴どんなって、男だったな。
🔺白髪に白い瞳、服も白くてピンクのラインが特徴的だったわ!
🔵お前相変わらずだな。
🔺イケメンだったもの!
🔻そんなことよりお前、院長ずっと泣いてたんだからな!心配させんなっ!!
⚛️ご、ごめん…
🔵泣いてたのはお前もだろ。
🔻うるせー!泣いてねー!
👩🏻‍🏫今日は、もう宿に戻ります。みんなしっかり休むのですよ。
🔺えー。
🔻文句言わないの。院長気疲れしてるんだから。
👩🏻‍🏫あなたは…いつもごめんなさい。
🔻え?ごめんなさい!
🔵お前も院長に気を使わせてちゃまだまだだな。
🔻むぅ。

 


宿屋にて。

 


⚛️ん…ぐっ…はぁ、はぁ…しらは…?
⚛️いないのか…うっ…うう、苦しいっ熱い…

🌐なんだろうこれ、身体から溢れてくる、頭が割れそう、身体が熱い、死んじゃうのかな。

⚛️のど…渇く…ハァハァ…

❄️コレ、お飲み。
⚛️ぁ…え…?
❄️昼間はどうも。気になって来たんだけど、マナが漏れ出してるよ。
⚛️マ、ナ?
❄️とにかくこれ飲んで。
⚛️ん、コク…コク…
❄️おへその下に意識を集中して。渦を描くようにグルグルと。
⚛️ハァハァ…つ、
❄️出来ないと破裂して死ぬよ。
⚛️死…!?
❄️ほら、
⚛️ハァハァッ!
❄️そう、そしたら右手に移して。右手の平から流れ出すように。

白髪の青年の言う通りに意識すると、ミラの右手から青白い光が出てきた。

❄️これがマナだよ。普段は目に見えないけど、しっかり練り込むとこうして具現化する。苦しくなくなるまでこれに流し込んでいきなさい。
⚛️ん、くっ!ハァハァ…ハァハァ、
❄️もういいの?
⚛️…コクン
❄️じゃあこれは僕が処理しとくから。
⚛️それっ、なに?
❄️これはマナを凝縮したもの。このまま放れば衝撃波になる。この宿屋なら木っ端微塵だね。
⚛️え、あなたの手は!?
❄️僕はマナの扱いに慣れてるから平気だよ。
それより1つ、忠告。普通、マナを許容するのに限界があるのに対し、君はなんらかの影響でマナ容量に限界が無い。その為マナを受け入れ続ける。
⚛️な、なにそれ、マナって…意味わかんないよ!
❄️受け入れ続けると今みたいに身体が耐えられずパンクする。そうなる前に適度に放出した方がいい。簡単に言えば魔導を使ってマナを身体に溜めないようにしろってことだね。
⚛️魔導?やったことないよ。教えてよ!!死にたくない!
❄️キミ、今日だけで二回助けてるのにまだ望むの?強欲だねぇ。ちなみに僕は魔神。三回のお願いは叶えるけどそれ以上なら代わりに魂を貰うよ。あと一回、僕にまだお願いする?
⚛️最初の二回は勝手にやったんだろ!?頼んでないよ!
❄️言ってたよ。タスケテって。覚えてないだけでしょ?
⚛️嘘つけ!でっち上げてるだけだろ!
❄️ふふ、落ち着きなって。そろそろ右手が疲れてきたよ。下ろしても、いい?
⚛️!?だ、だめ…
❄️どうする?
⚛️……誰にも迷惑かけないところに持って行って…
❄️僕に魔導を教わらなくていいの?
⚛️お前なんかに教わらなくてもっ、自分でなんとかするから、いい!
❄️ふふ。分かった。じゃーまたね。
⚛️…っ!!

f:id:c01a-de-6k195:20180217195330j:image

 


⚛️どうしよう

魔女の戯 メモ19

ミヤトの相棒である獅子がテアトルムの森で瀕死の怪我を負い、命は諦めるしかない状況に陥った。


ミヤトは魂石を埋め込めば回復するかもしれないと提案。
ただ埋め込むだけでは回復せず、獅子の魔力も足りなかった。保存用の魔力は獅子に適合せずむしろ更に追い込んでしまった。


苦し紛れにミヤトが自分の魔力を注ぐと、突然勢いよくミヤトの魔力を吸収し、獅子は姿を変えていった。
一気に魔力を持ってかれるミヤト、魂石に適応しようと困しむ獅子…ミラは急ごしらえの結界で2人の魔力が空に逃げないように包み込む。
結界の中が魔力で満たされる。

 


しばらくして静かになるとその場に倒れこむミヤトと獅子。

 

結界を解いて2人に近づく。
漆黒の毛・鋭く生えた金色の角・捉えたものを射殺すかのように鋭い瞳…獅子は動物のそれとは異なる姿に変わっていた。
ミヤトに外見的変化はなく、気絶していた。

 

 

獅子がミヤトの顔に擦り寄ると、額の石が光る。
🥀何してんだ…
⚛️恐らく魔力を分け与えてる…。多分、獅子はミヤトの魔力を糧に魂石と適合出来たんだ。ミヤトと獅子の関係だから出来たんじゃないかな…
🥀眷族になったって感覚かな…
⚛️そうかも…。なんか…凄いもの見たな…
🥀な。

 

 

これをきっかけに魂石を埋め込んで使役する実験を開始。動物やノウムに仕込んでいく。

魂石を埋め込んでも、容れ物が拒否反応を起こして受け入れないまま死亡する事が多かった。

ミヤトと獅子の事を参考にするなら、魔力提供者と容れ物が親密な関係で無ければいけない。

しかし、容れ物と親密でなくても成功するパターンもあった。魂石自体が魔力提供者の魔力に適応している場合がそれだった。

 

適合させる条件は、魔力提供者が魂石か容れ者に魔力を馴染ませる必要があった。最低3日で馴染ませることが出来たが、長ければ長いほど通じる力が大きくなる。

 

 

魔女の戯 メモ18

ミラの持つ中で最も大きい魂石に魔力を注いでいたら、地面と繋がり生命エネルギー源のようなものとなった。
辺りがミラの理想的な環境になっていき感激。
更に魔力を注いでいくと、地面が軋み出す。異変を感じたミラは調査し、魂石の引力が強く、地面が引き寄せられているのが分かる。
他の魂石も分散して配置してみる。

更に更に魔力を注いでいくと、魂石と魂石が引き寄せあって少し浮いてきた感じがした。魔力を注ぎ続けると、ついに地面は浮き、空高く浮かび上がった。このまま宇宙にでも出るかと思ったが、浮上限界ラインでもあるかのように動きが止まった。それ以上、上がることはなかった。
ミラは浮かび上がった島を「パッシオ」と名付けて自分の島にした。

帝国や厄介なもの達にパッシオが気付かれないように特殊な魔方陣を描いて隠す。

 

魂石のお陰か、高度が高いというのに地上と同じ様に生きる事が出来た。
ミラ開発の個人用空飛ぶ魔道具を使ってパッシオとテアトルムを行き来した。

その時から魔導飛空挺を開発しており、明道院にのみに売っている。魔導飛空挺はミラか明道院しか持っていない。他の者がパッシオに来るには、飛龍などを手懐けないと無理。


リクアの森にいた動物をパッシオに歓迎。
カルラの案で、理性のあるノウムも歓迎。
もちろん定住者には移住費としてその者の魔力を少し回収させて貰っている。

 

森の泉に落ちた者はパッシオに辿り着くようになったが、大抵はパッシオの生物に食い殺されてしまう。

 

 

 

 

魔女の戯 メモ17

泉を作りに森の一部を作り変えていたら、謎の少女に襲われた。森には動物がたくさんいるのに、開拓の為に森を削られており悩んでいるのだと言う。

 

とりあえず一番の敵である人物を殺せば泉計画を実行しても良いと言ってくれたので、そいつを殺す(又はそれに近い)計画を立てることにした。

 

なんやかんやで

カルラも加わりミヤトとも仲良くなり

そいつを殺す。

 

その間、ミラオリジナル戦闘用魔導具を完成させて活用する。明道院と魔導具などの契約を結ぶ。

 

その後、カルラとミヤトとミラは仲良くなり三姉妹となる。

 

動物達の森を保護するという名目である一角にミラの魔法で住処を作った。ミラの思惑は森の至る所に魔法陣を張り、森の生物から少量ずつ魔力を集める事。皆には内緒で行なっていたが、見抜いたカルラとミヤトに怒られる。

 

🍀それより最近森に人間が住み着いてる。

⚛️あぁ、気づいてたけど魔力くれるし見逃してた。

🥀お前は本当に魔力のことばっかだな。

⚛️魔力がないと開発できないんだもん!!

🥀分かった分かった。

🍀思ったんだけど、泉に色々くるじゃん?そん中で人間が意外と来るんだよね。大抵が何かから逃げてたり、衰弱しきってんの。

🍀その人間達を安全な土地に招いて、魔力を集めるってのは?安全を提供する代わりに魔力を少量もらい続けるよって条件で。
⚛️おお…

🥀確かに非力な人間にとってこの世界はとても厳しい。過度に摂取しないのであれば、その条件でも提供してきそうだね。

⚛️ミヤトお前っ!!!なんて賢い!!!

🍀うるっさいなぁ頭を撫でるなっ!

🥀村でも作って自給自足出来るようにしたら自活できるし。何処にその土地を作るかだけど。

⚛️んー。人間てどれくらいいるんだろ?

🥀aiに聞いてみよう。

 

aiのアドバイスもあり、場所を決め、ミラの魔法で巨木を生成、その中に生活スペース、外に農業スペースを作り、森に迷い込んでる人間を捕獲、条件提示で住まわしてやる事にした。